press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

第76回全日本学生音楽コンクール
2022北海道毎日学生音楽コンクール

審査員講評

ピアノ/フルート/声楽/バイオリン

各部門審査員のなかから代表の

先生にメッセージをお寄せいただきました

 
ピアノ部門 審査員
練木繁夫(ねりき・しげお先生
art_dl_image1_124_edited_edited_edited.jpg

 秋の色が深く感じられる朝、イチョウや楓の紅葉(黄葉)に心を癒やされながら、期待に胸を膨らして会場へと進みました。

 私は道外の人間なので、新鮮な気持ちで子どもたちの努力の成果を聴くことが出来たと思います。

 

 小学生の部では、課題曲を個性豊かで伸び伸びと演奏していたのが印象的でした。
 中学生の部では、課題が難しかったことにも原因があるのかもしれませんが、実力を出し切れていない彷徨いの時期かと感じました。
 高校生の部では、個人の秘めている音楽を見事に臆することなく表現する演奏が感じられ、子供たちの成長が嬉しかったです。

 

 北海道地区予選のレヴェルの高さにはいつも感心させられることが多く、今回の小学生、高校生のレヴェルは私が期待した以上に優れていたと思います。

 以前に「演奏と関係ない過度の演技は必要ない」と書かせて頂きましたが、それが今回には見えなかったのは僕にとって嬉しかったです。これには先生方、及びご両親のご努力があったと思いますので、この場を借りて感謝の意をお伝えしたいと思います。ありがとうございます。

 私事ではありますが、この本選が行われた2週間ほど前、海外のコンクール審査から帰国しました。世界の個性ある演奏を聴いてさらなる教育への原動力となりましたが、今回の北海道大会に参加した全てのピアニストから、いずれは海外のコンクールで素晴らしい結果を成し遂げる才能が生まれることを心から期待します。

 
フルート部門 審査員
阿部博光(あべ・ひろみつ先生
fl_北海道_阿部博光.jpg

 小学校の部 (2名)
 

 少々緊張気味でしたが、それぞれが選曲した自由曲を楽しそうに演奏されている姿に好感が持てました。

 フルートを手にして間がないにも関わらず、身体全体を使って楽器をよく鳴らした堂々としたステージで、お二人のこれからの成長を期待しています。

 中学校の部(6名)


 予選で、ケーラーとガリボルディのエチュード2曲を好演し高い評価を得た6名の中学生が出演しました。

 本選は、シュターミッツ(1745~1801)のフルート協奏曲ト長調より第1楽章でしたが、この協奏曲はフルートを学ぶ人が必ずや向き合うべき重要な曲で、フルートのテクニックは勿論ですが古典音楽の様式感や音楽表現など音楽の基礎を学ぶことができる名曲です。中学生にとっては少し荷の重い曲でしたが、果敢に挑戦している姿に感動いたしました。それぞれ成長過程の中学生ですので、細かいテクニックでの問題点やフレーズの表現方法など、もう一歩踏み込んで欲しいと感じる部分もありましたが、一人一人多くの収穫があったことと思います。

 また、偶然にも全員ランパル版のカデンツァを見事に演奏されましたが、個性的な演奏が多く時の流れを感じました。

 高校の部(4名)


 予選で、叙情的なアンデルセンのエチュードとラテン的なリズムと難しい音列で個性的なカステレードのエチュードを見事に演奏した4人の高校生が、本選ではモーツァルト(1756~1791)のフルート協奏曲第2番二長調を、堂々と演奏されました。この曲もシュターミッツ同様、フルーティストにとって最も重要なレパートリーで生涯、研究し取り組んでいくべき作品です。

 モーツァルトの研究が進むにつれ、数多くの出版社から原典版や伝統的な版が出版されていますが、アーテイキュレーションや装飾音の解釈の仕方、トリルの付け方や終結音の処理の仕方など課題の多い曲です。演奏法の解釈は時代によって変わるものですので、伝統の重要性と自由な発想によるフレキシビリティを大切にし、今回の経験を忘れる事なく、これからも素敵なモーツアルトの世界を追求して行ってくれることを期待しています。


 

 
声楽部門 審査員
杉江 光(すぎえ・こう先生
vo_%E6%9D%89%E6%B1%9F%E5%85%89%E5%85%88%E7%94%9F_edited_edited.jpg

 中学校の部 
 

 皆さんとても素直な発声で美しい声が出ていました。

 声楽は、人の顔や体型がそれぞれ違うように、声の質や発声器官もそれぞれ個性があります。「みんな違って、みんないい」の世界です。

 "みんないい" になるためには、自分の声を自由にコントロールし、美しい音色の楽器にするために、発声などの基礎基本が大切で長い時間と経験が必要になります。また、自身の良さを活かす自分の声に合った選曲も大事な要素です。

 これからも "歌うことが好き!" の気持ちを大切に、たくさんの名曲に巡り合って、高校、大学、社会人と楽しく歌を続けてもらえたらと思います。

 高校の部 

 

 それぞれ個性を活かした演奏で感心しながら聴かせていただきました。

 コンクールですので、とても緊張して普段のように歌えなかったこともあるかと思います。舞台で緊張してもしっかり声を支えて声が浮かないように歌うには、確固たる発声技術の裏付けが必要になります。また、音高が不安定になることも、今回、少し気になりました。

 音楽ですので、もちろん表現力も大切なのですが、まずは無理なく美しく豊かに響く発声、フレーズの流し方や処理の方法、発音の正しさなど、声楽に必要な基礎基本を大切にして下さい。

 基礎基本は、一生をかけて繰り返し繰り返し行う中で得られるものと思います。みなさん個性的で美しい持ち声の将来が楽しみな人ばかりでしたので、これからも練習を重ねて、コンクールなどの発表の場を通して、自分を磨いていって下さい。
 

 大学の部 


 皆さんそれぞれ良く勉強されていて、自分の声質やキャラクター、演奏技術を活かせる曲を選曲していたかと思います。

 声楽は他の楽器と違って、外国の楽曲を演奏する際、歌詞を正確に発音し言葉を明確に伝える技術が必要になります。語学の勉強も大切ですが「話すように歌い、歌うように話せる」ようになるために、詞のフレーズの流れを感じながら朗読する事をお勧めします。歌曲の場合は、詩の韻の踏み方や一行の音節の数も感じながら朗読してみてください。

 また、今回、作曲者の意図する表現や楽曲分析に基づいた表現に甘さを感じる演奏もありましたので、「~だからこう演奏する」という「~だから」の部分の裏付けをしっかり持って演奏されると良いと思いました。

 最後に、フレーズの処理や表現のセンスを高めるために、一流の声楽家たちの演奏を、好き嫌いではなく一流であることの理由、共通点を理解できるように「何度も何度も聴き理解する」ことをお勧めしたいと思います。

 今回のコンクールでの経験を生かし、これからも素敵な歌を歌い続けてください。


 

 
バイオリン部門 審査員
杉浦美知(すぎうら・みち先生

近日更新予定