top of page
毎コン 毎日音楽コンクール

手のひらオペラ No.1 「カルメンの死」 「バスティアンとバスティエンヌ」

更新日:2023年3月13日


NPO法人札幌室内歌劇場 が手掛ける新企画「手のひらオペラ」シリーズの第1弾として、「カルメンの死」「バスティアンとバスティエンヌ」の2本立て上演が4月1日、2日に札幌市の時計台ホールで行われます。


「手のひらオペラ」とは…

登場人物はほんの数人!

舞台は小さな時計台ホール!

短い時間にあふれる感動!

とっておきの作品群を気軽に楽しめるシリーズで、4月/6月/11月と全3回にわたり公演が行われる予定です。



手のひらオペラ №1

~ちいさなオペラ2本立て~

カルメンの死
バスティアンとバスティエンヌ

4月1日(土)2日(日)開場18時30分/開演19時00分

時計台ホール 札幌市中央区北1西2


<料金>

一般 3500円/学生 3000円/車椅子 500円

支持会 3000円/支持会学生 2500円


<手のひらオペラ 2公演セット券>

一般 6500円/学生 5800円

支持会 5800円/支持会学生 4800円


<支持会入会キャンペーン>

4000円 (支持会費 3000円 + チケット1枚 1000円)


<ネット配信>

1000円 4/12~配信予定


  <お問い合わせ・チケット販売>

(011-211-047)



モノオペラ「カルメンの死」(15 分)

仏語上演、字幕付き

原曲:ビゼー

編作:岩河智子

カルメン:萩原のり子(Sop)

ファゴット:石黒玲

ピアノ:土屋益子


有名なビゼー作曲のオペラ「カルメン」の名旋律を組み合わせて編曲した「モノオペラ(1 人オペラ)」。死の世界から蘇ったカルメンが、思い出を回想する様子を、幻想的な音の世界で表現。



「バスティアンとバスティエンヌ」(60 分)

日本語上演

作曲:モーツァルト

訳詞:青木爽・岩河智子

レチタティーヴォ作曲:岩河智子

バスティアン:田中千絵子(Sop)

バスティエンヌ:1日=金井知那実(Sop)2日=三浦志緖理(Sop)

魔法使いコラ:則竹正人(Bar)

アンサンブル:百島吾弥子(Sop)倉本真理(Sop)川名祐紀子(Sop)

ピアノ:須藤尚美

チェンバロ:時岡牧子

音楽監督:岩河智子

演出:中津邦仁


モーツァルト12歳のときの作品。純朴な田舎の少年少女、バスティアンとバスティエンヌの恋模様。恋人が浮気をしたと嘆く少女バスティエンヌ、心を入れ替えた少年バスティアン。コラがそれぞれに知恵を授け、2人は駆け引きを始めます。モーツァルト作曲のオペラの中にまったく違和感なく溶け込む、岩河智子作曲のレチタティーヴォ(セリフを音楽に乗せて歌う)により、テンポ良く会話劇が繰り広げられます。






閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page