毎コン 毎日音楽コンクール

鈴木椋太 ローリー・ディラン デュオリサイタル


札幌市出身の若手ピアニスト鈴木椋太さんと、トランペット奏者ローリー・ディランさんによるデュオ リサイタルが12月1日、札幌コンセルヴァトワールのカノンホール(札幌市南区)で開かれます。ピアノとトランペットというフレッシュな組み合わせで、どんなアンサンブルが生まれるのでしょうか。

ぜひ足をお運びください。



鈴木椋太 ローリー・ディラン デュオリサイタル

2022年12月1日(木)18時30分開場/19時00分開演

カノンホール(札幌コンセルヴァトワール) 地下鉄南北線 澄川駅から徒歩3分

一般 2000円/学生 1000円

チケット取り扱い・お問合せはこちら


出演

鈴木椋太(ピアノ) ローリー・ディラン(トランペット)


プログラム

エルガー:愛の挨拶

ショパン:ポロネーズ第7番「幻想」

ラヴェル:クープランの墓

アーバン:ヴェニスの謝肉祭

エネスコ:伝説

アルチュニアン:トランペット協奏曲 ほか



鈴木椋太

3歳からピアノをはじめ、これまでにピティナ・ピアノコンペティションG級金賞、大阪国際コンクールAge-U部門 2位、札幌市新人音楽祭大賞を受賞。ほか、International Keyboard Instrument Festival 2位、Premio citta di imola 2位など国内外で受賞歴を持つ。クラシック音楽をどのような方でも楽しめるよう、幼児向けワークショップや「朗読×音楽」など工夫を凝らした様々な企画コンサートに挑戦中。ピアノを宮澤功行、山下聡、久保春代、干野宜大、Stefan FiuzziI、Ingrid Fliter各氏に師事。



ローリー・ディラン

上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コーストランペット専門卒業。8歳でトランペットを始め小学5年生から海保泉に、その後高橋敦、杉本正毅、田中敏雄、オッタヴィアーノ・クリストフォーリの各氏に師事。2015年に上野学園大学協奏曲演奏会にソリストとして出演。平成30年度同大学卒業演奏会に出演。2019年読売新聞社主催の第89回新人演奏会に出演。パーチョ・フローレス、ベンジャミン・ライトのマスタークラスを受講。読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、パシフィックフィルハーモニア東京(元東京ニューシティ管弦楽団)、東京吹奏楽団に客演する他、オペラ、バロック、ジャズなど幅広いジャンルで演奏活動をしている。




閲覧数:25回

最新記事

すべて表示