毎コン 毎日音楽コンクール

片山柊・竹澤勇人デュオリサイタル「春の祭典」


札幌市出身で毎コンでも活躍した、片山柊さん・竹澤勇人さんによるデュオリサイタルが

12月10日にエルムホール(札幌市手稲区)で開かれます。

プログラムは2台ピアノによるストラヴィンスキー「春の祭典」、

ブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」ほか。


片山柊さんは全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)全国大会1位、ピティナ特級グランプリほか受賞多数。現在、東京音楽大学演奏研究員ピアノ、桐朋学園大学ディプロマ作曲科に在籍し、ピアノと作曲の両方で研鑽を積まれています。


竹澤勇人さんは第87回日本音楽コンクール(毎日新聞社主催)第2位ほか、海外のコンクールでも多数受賞。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業し現在、同ソリスト・ディプロマコース在籍。国内外の演奏会に数多く出演するほか、室内楽においても精力的に活動しています。


気鋭のピアニストたちによる競演をお楽しみに!



片山柊・竹澤勇人デュオリサイタル「春の祭典」

2021年12月10日(金)

エルムホール 札幌市手稲区宮の沢3条2丁目1-8

開場18:30/開演19:00

全席自由3000円

チケット取り扱い


主催・お問い合わせ/音プラ☆ファミリー企画

onpla.family2012@gmail.com





159回の閲覧

最新記事

すべて表示