pink_kodomoPianorogo.png
ヘッダー_kadaikyoku.png
  • 課題曲と選択曲から各1曲を選択し、課題曲から順に演奏すること

  • いずれも暗譜

  • 特別の指示がない限り、繰り返しと 1番カッコはなし、D.C. とD.S. はあり

  • 楽譜の版による音などの違いは審査に影響はない

  • 申し込み後の曲目変更は不可

  • 幼児、連弾の部の自由曲は規定時間に従うこと。規定を超えた場合はカットする

  • 規定時間内であれば繰り返しについては自由

  • 高校の部は、課題曲・選択曲をあわせ、6~7分(出入り含む)を目処にカットする

  • 同じ題名で違う曲もあるため、必ず冒頭譜を確認すること

  • 下記曲目の先頭に付いているカッコ内の数字は、参加申込書に記入するための曲番号です

  • 提出した曲目と違う曲を弾いた場合は、本選出場の退場となりませんのでご注意ください

【重要!】

  • 同じ題名で違う曲もあるので​必ず冒頭譜を確認しましょう

  • ​配布中の参加規定書に関して、一部訂正があります。こちらをご確認ください

 

幼児の部

自由曲1曲(1分30秒以内)

  • 既に出版されている曲を選ぶこと

  • 楽譜の提出を求める場合がある

当番審査員による曲目解説

青山 佳奈美(あおやま・かなみ)先生

未来有望な導入期の子供達がコンクールにチャレンジする事は、大きな意味合いを持ちます。感性と音感が養われる大切な時期です。それぞれの個性を生かして、決して身体的に無理のない、心を豊かに彩る選曲が望ましいですね。短くても曲の特性を子供の心で受け止めて理解し、表現出来ます様に。意欲的に練習に取り組める工夫も必要かと思います。キラキラと輝く演奏を心より楽しみにしております。

 
 

小学校1・2年生の部

「バッハ アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集」より
 (1)メヌエット ト長調 BWV Anh.114
 (2)メヌエット ト短調 BWV Anh.115

 

(3)テレマン:スケルツィーノ(全音「プレ・インベンション」11番)※11番については版指定
(4)クリーガー:メヌエット(全音「プレ・インベンション」35番)
(5)クラーク:マーチ(全音「プレ・インベンション」38番)

■課題曲

(6)モーツァルト:春へのあこがれ K.596 ※学研「4 期のピアノ名曲集1」指定
(7)ブルグミュラー:「25の練習曲 op.100」1〜10 番から任意の1曲
(8)グルリット:「こどものためのアルバムop.140」より7.踊りのおけいこ
(9)カバレフスキー:「こどものためのピアノ小曲集op.27」より2.小さい歌 
(10)ギロック:「バロック・スタイルによる小組曲」よりⅠ.プレリュード(全音「ギロックピアノピース・コレクション1」)
(11)ギロック:インディアンの踊り(全音「はじめてのギロック」「ギロック/ベストレベル1」)
(12)平吉毅州:「虹のリズム」より 1. タンポポがとんだ
(13)香月修:「ツグミの森の物語」より 3. 春風とワルツを
(14)轟千尋:おつきさまのはなし (カワイ「おつきさまのはなし」「ねこたんの夢」)

■選択曲

当番審査員による曲目解説

松原 寄美子(まつばら・きみこ)先生

【課題曲】課題曲はJ.Sバッハの作品を中心にバロックスタイルの曲が選ばれています。バロックスタイルの曲を色々な楽器で聴いたり、踊りを画像で観たりしてその時代の雰囲気を感じてみて下さい。どんな歌なのか、踊りなのか想像してみてください。フレージング、アーティキュレーション等にも注意しながら美しく自然に演奏して下さい。
【選択曲】子供達は手の大きさばかりではなく、色々な面で個人差があると思います。無理なく個性を生かせる選曲が望ましいと思います。今年度は、ブルグミュラーが1番〜10番、邦人作品も個性の違う3曲が選ばれる等、選曲の幅が広げられています。音楽で何かを伝えられる喜びに繋げられると素晴らしいと思います。▶モーツァルト:メロディーに歌詞をつけてみると素敵な歌になるような曲です。右手と左手がアンサンブル演奏しているように表現してみて下さい。▶ブルグミュラー:タイトルの言語はフランス語です。意味を調べてみるのも楽しいと思います。色々な気分、風景、情景等それらのイメージに近づく音楽をめざしてください。▶グルリット:(ウインナワルツ)とありますが、あまりこだわらず4小節をひとまとめにした明るいワルツにしあげて下さい。▶カバレフスキー:メロディーは良く歌って、調性、伴奏の変化、半音階等音色の違いに耳を澄まして自分の音を聴きながら演奏して下さい。▶ギロック:プレリュードはバロックスタイル、インディアンの踊りは近現代の曲として選曲されました。それぞれの拍子感、リズムを感じ生き生きと表現して下さい。▶平吉毅州:タンポポが楽しそうにダンスをしています。表情のあるスタッカート、リズムを感じられる同音連打等に注意されると良いと思います。手拍子やパーカッション等でリズムを表現されるとヒントになると思います。▶香月修:優しくおしゃれなワルツです。メロディーは右手だけではなく左手のバスにもあります。よく歌ってみましょう。最後の4小節のリズムにも注意して下さい。▶轟千尋:同じリズムのメロディーの表情が左手の変化で変わっていきます。自分だけのお話を作ってみるとよいかもしれません。転調や終わり方も素敵に作曲されています。色々な表現を試してみてください。

小学校3・4年生の部

(15)J.S. バッハ:インヴェンション 第1番 ハ長調 BWV772
(16)J.S. バッハ:小プレリュード ニ短調 BWV935
(17)J.S. バッハ:小プレリュード  ハ長調 BWV939
(18)ネーフェ:スケルツァンド(全音「プレ・インベンション」33番)
(19)ベーム:メヌエット(全音「プレ・インベンション」41番)
(20)ヘンデル:ブレ(全音「プレ・インベンション」53番)

■課題曲

(21)ハイドン:「ソナチネアルバムⅠ巻」より 21.アレグロ ヘ長調
(22)クーラウ:ソナチネ ハ長調 op.55-1 第1楽章
(23)ブルグミュラー:「25の練習曲op.100」11〜25番から任意の1曲
(24)シューマン:「子どものためのアルバム op.68」より 8.勇敢な騎手(乱暴な騎士、勇ましい騎手など)
(25)チャイコフスキー:「こどものためのアルバム op.39」より 20. ババヤガ
(26)マイカパル:春 変イ長調 op.28-21(全音「マイカパルピアノ小品集」)
(27)ギロック:「こどものためのアルバム」より ソナチネⅢ
(28)田中カレン:「愛は風にのって」より 1.戯れる春の光
(29)湯山昭:「音の星座」より 12.葡萄の秋( D.C.なし)

■選択曲

当番審査員による曲目解説

藤田 裕佳子(ふじた・ゆかこ)先生

【課題曲】バロック音楽の構成を理解し、時代のテンポ感の中で十分に歌いましょう。

▶インヴェンション1番:何回も出てくるテーマに統一性を持ちながら、調性や性格の違いを感じて。▶小プレBWV935:2度と分散和音からなる16分音符の動きと、跳躍を含む8分音符をテンポよくまとめて。長調と短調を聴き分け、音の方向を感じましょう。▶小プレBWV939:分散和音が次の分散和音へと進んで行きます。鮮やかな16分音符の後カデンツで曲を閉じます。▶ネーフェ:1小節一和音、4小節を一フレーズに感じ、全体は軽やかに。▶ベーム:3拍子の舞曲。左手の8分音符に、右手のフレーズをつなぐ働きを感じて。▶ヘンデル:色々な楽器で演奏される曲。美しいメロディーだけでなく、それを支える左手の動きも大切に。
【選択曲】ソナチネ以外は曲名があります。曲名からイメージを膨らませて弾きましょう。

▶ハイドン:古典らしく、スタカートの弾みにハイドンのユーモアを感じて。▶クーラウ:二つの主題の性格の違いを表現して。▶ブルグミュラー:皆さんになじみのある曲だと思います。それぞれの曲に必要なテクニックを身につけ、表現力を磨きましょう。▶シューマン・チャイコフスキー:スタカートにも音楽のつながりを感じ、メロディーの一部であることを忘れずに。▶マイカパル:やわらかく美しく歌って。左手にも感情をこめて。▶ギロック:ロンドの軽快さをリズミックに演奏するため、強拍の休符を大切に。レガートは充分歌って。▶田中カレン:春の光が降り注ぐような響きを、美しいペダルでまとめて。▶湯山昭:メロディーの息づかいを感じ、美しくそれでいて憂いのある響きで。

 
 

小学校5・6年生の部

(30)J.S. バッハ:インヴェンションより任意の1曲
(31)J.S. バッハ:フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV 813より エア 
(32)J.S. バッハ:フランス組曲 第5番 ト長調 BWV 816より ガヴォット 
(33)J.S. バッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV 825 より メヌエットⅠ,Ⅱ(D.C.なし)

■課題曲

(34)クーラウ:ソナチネ ハ長調 op.55-3 第2楽章
(35)モーツァルト:ソナタ ハ長調 K.545 第1楽章
(36)ベートーヴェン:バガテル イ短調「エリーゼのために」WoO.59
(37)ブルグミュラー:「18の練習曲 op.109」より 9.朝の鐘
(38)ショパン:マズルカ ト短調 op.67-2
(39)プロコフィエフ:「こどものための音楽 op.65」より 7.バッタの行進
(40)ハチャトゥリアン:「少年時代の画集」より エチュード
(41)秋元恵理子:夏の夜の流星群(カワイ「にじいろのうみ」「カードマジック」)

■選択曲

当番審査員による曲目解説

梅木 康代(うめき・やすよ)先生

【課題曲】主題の長いもの、短いもの、フーガ的要素の曲、舞曲風、カノンなど、どの曲も構成や和声感、拍子感などの特徴、個性を深く読み取り、主題と対旋律、各声部の動きを大切にしましょう。その上で内面に沸き上がり訪れる想いを乗せた演奏を期待しております。


【選択曲】

▶クーラウ:一貫したテンポと軽快なタッチでまとめましょう。中間部の曲想の表情も大切に。▶モーツァルト:簡素で美しい旋律に対して16分音符の粒を揃え、全体の対比を感じて演奏しましょう。▶ベートーヴェン:冒頭の音楽は、誰もが耳にしたことがあります。アウフタクトから始まる音楽を大切に歌い上げましょう。ベートーヴェンが生きていた時代背景を学んでみることも有意義なことと思います。▶ブルグミュラー:旋律や鐘の音、中間部の2声が和音の響きの上に歌い上げる美しさを感じましょう。▶ショパン:晩年の作品です。曲の中で転調していく変化、響き、表情を味わいCantabileを表現しましょう。▶プロコフィエフ:二拍子の中でコロコロと変わる曲想は、バッタの様子をイメージしてユーモラスに伝えましょう。▶ハチャトゥリアン:変化し続けるハーモニーを感じながら、同音連打のコントロールや切迫した雰囲気を保って演奏しましょう。▶秋元恵理子:右から左手へ受け渡す動きの中で、旋律とハーモニーを美しく魅力的に流星を想像して奏でましょう。

中学校の部

(42)J.S. バッハ:シンフォニアより任意の1曲(第2、5、9番を除く)
(43)J.S. バッハ:平均律1巻2番 ハ短調 BWV 847より フーガ
(44)J.S. バッハ:フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV 813より アルマンド
(45)J.S. バッハ:フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV 817より ジーグ 
(46)J.S. バッハ:パルティータ 第3番 イ短調 BWV 827より スケルツォ 

■課題曲

(47)モーツァルト:ソナタ ト長調 K.283 第1楽章
(48)ベートーヴェン:ソナタ 第8番 ハ短調 op.13「 悲愴」 第3楽章
(49)ショパン:ワルツ ホ長調 遺作
(50)ショパン:ポロネーズ 変ロ短調 遺作「別れ」
(51)シューマン:「幻想小曲集 op.12」より2.飛翔
(52)ドビュッシー:「ベルガマスク組曲」より 月の光
(53)フォーレ:「8つの小品 op.84」より5.即興曲
(54)プロコフィエフ:「10の小品 op.12」より7.プレリュード
(55)小栗克裕:組曲「水の彩る風景 第1 集 op.75」より 4月.水面に映る春の月

■選択曲

当番審査員による曲目解説

八田 寿美恵(はった・すみえ)先生

【課題曲】各曲の調性やキャラクターに合ったアーティキュレーション、フレージング、テンポを定め、自然な流れで和声感のあるポリフォニックな演奏を目指してください。曲を理解し心から楽しむためには様々な勉強が必要です。バッハの他の舞曲や組曲、管弦楽曲、合唱、オルガン、チェンバロなどを聴く事もお勧めです。
【選択曲】▶モーツァルト:明るく優雅でリズムの創意に溢れる素敵な曲です。生き生きと上品に奏でてください。展開部のモーツァルトらしい冗談も楽しんで。▶ベートーヴェン:左手は拍感を持ちながら和声進行を聴きましょう。軽やかなテンポの中にも悲しみや希望、強い意志等、感情を音に乗せて表現しましょう。▶ショパン・ワルツ:左手の和声進行を大切にフレーズを大きく纏めましょう。ペダリングは心と身体を一体化させ、足も呼吸しているイメージをもって。▶同・ポロネーズ:メランコリックな雰囲気を表現するためには重音のバランス、半音の感じ方が大切です。ワルツと同様左手も重要です。▶シューマン:飛翔という名のとおり、力強く華やかに羽ばたいていく様子が浮かぶよう推進力を持って。音が多いのでバランスを考えて演奏しましょう。▶ドビュッシー:さりげないニュアンスの変化で響きの色合いを味わってください。拍子感の中でハーモニーの揺れ動きを感じ、大きな流れで表現しましょう。▶フォーレ:左右受け渡しのアルペジオは静かに香りたつように、どこかノスタルジックな雰囲気でさりげなく表現すると素敵です。▶プロコフィエフ:生き生きしたテンポの流れに乗り、純粋なハーモニーの響きを味わいましょう。右手は弱音のハープのように、左手の旋律はくっきりと浮かび上がらせて。▶小栗克裕:詩からイメージを膨らませ情景が浮かぶように、ハーモニーの素敵な響きに耳を澄ませましょう。

 

高校の部

■課題曲

(56)J.S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻・第2巻より任意のフーガを1曲

次の作曲家の作品より任意の1曲
ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ブラームス、ドビュッシー、フォーレ、スクリャービン、ラフマニノフ、ラヴェル、バルトーク、プロコフィエフ(ソナタは緩徐楽章を除く任意のひと楽章。楽譜の提出を求める場合がある)

■選択曲

当番審査員による曲目解説

棚瀬 美鶴恵(たなせ・みづえ)先生

【課題曲】バッハの平均律のフーガはインヴェンション、シンフォニアの延長上にあります。各声部が独立していることが基本ですが、旋律の重なりから生まれるハーモニーを浮かび上がらせ終止をつくることを意識すると良いと思います。そこがフレーズの区切りとなります。また、テーマだけを強調せずに対旋律に自然につなげ、すべての声部が一緒になって音楽を作っていることを忘れずに。カンタータや他の器楽合奏も聴いて幅広い想像力を持つことも大切です。

【選択曲】様々な作曲家から自分に合った曲選びができますので、選曲が重要になります。その作曲家の曲を沢山聴くこと、作曲家のことを深く知ることが解釈にも繋がることと思います。

 

連弾の部

自由曲1曲(5分以内)

  • 既に出版されている曲を選ぶこと

  • 楽譜の提出を求める場合がある

  • ​組曲等も1曲のみの演奏とする

当番審査員による曲目解説

青山 佳奈美(あおやま・かなみ)先生

感性の異なる2人が一つの音楽を一緒に奏でる事、それは決して1人では成し得ない素晴らしい世界観が広がります。お互いの音楽をよく聴いて各場面で何を表現するのか、4本の手の役割をよく相談しましょう。様々な要素がどの様に絡んでいくのか研究して下さい。作曲者の意図を理解して協調性は勿論自己主張も大切に、納得出来る作品を仕上げられます様に。連弾で音楽を作り上げる体験は、ソロ演奏にも大きく反映されます。多くの方々のチャレンジをお待ち致しております。

最近のブログから

​毎日新聞社北海道事業グループ

Facebookページ

​毎日こどもピアノコンクール

Facebookページ

クラシックナビ.png